Category Archive:即日カードローンvsクレジットカード

カードローンは比較して選ぼう ( admin )

インターネット上には、カードローンの比較サイトが存在しています。
各社のローンを無料比較できるので、自分に最適なものがその場で分かるのです。
比較するポイントとしましては、以前は融資スピード、借入額などが重要なポイントでしたが、現在はそれほどこだわる必要はありません。
融資スピードについては、原則として即日融資が基本になってきており、ほとんどの会社では申し込んだ当日に融資してくれます。
返済不能な金額を希望したり、個人情報機関に延滞歴が掲載されていたりすると融資に数日を要することがありますが、これは仕方のないことでしょう。
無難に返済できる金額を希望して、過去の実績に問題がなければ、即日中に融資を受けられる場合がほとんどなのです。
比較サイトでは、借入額で比較する人も多いでしょうが、これもあまりこだわる必要はありません。
審査を受けるまで借入額は分からないので、審査前に比較をしても意味がないわけです。
「友達が高額融資を受けられたから、自分も借りられる」とは限らないのです。
比較サイトで最も考慮したいのは、銀行のカードローン同士で比較することです。
銀行のローンはもともと非常に低金利になっており、18%以上の金利設定は少なく、15%程度で借りられることが多いのです。
18%も15%もあまり変わらないように感じるかもしれませんが、追加融資を受けて元金が増えてくると、たった3%の違いを実感できるはずです。
住宅ローンの金利は2%未満という超低金利も導入されていますが、完済までの利息はかなり大きくなります。
金利自体は非常に低いのですが、借入額が1,000万円を超えることが多く、それに対して利息が発生するので負担は大きくなるわけです。
カードローンの場合は、借入額の最高は100万円だと考えておくといいでしょう。
暗黙の了解として、最高100万円に設定している業者は多いのです。
総量規制では100万円借りるためには、300万円超の年収が必要となります。
日本人の一般的な年収は400万円だと言われていますが、パート、アルバイトなどの非正規雇用の方を含めるともっと平均年収は少なくなりますから、借入額の上限が100万円というのは妥当な金額なのです。
年収2,000万円もあれば500万円の借り入れもできますが、これほど年収があればローンに頼る必要もないため、実際に借りる人は少ないというわけです。
しかし、年収1,000万円クラスでカードローンを利用している方は意外と多いです。
年収100万円台~1,000万円クラスの方まで利用者がおり、必ずしも収入が少ないから借りるわけではないのです。
年収1,500万円クラスになると、カードローンの利用者はかなり少なくなってきます。
このレベルの年収になりますと、納税をしても十分な金額が残りますから、ローンを利用する必要性が薄いのでしょう。
ただ、事業目的で借りる人はおりますから、やはり年収に関係なく利用者は存在しています。

COMMENTS: Comments Closed

Categories: 即日カードローンvsクレジットカード

top