カードローンの申込みで嘘をつかない ( admin )

世間一般的には、嘘をつくのはあまり良い事ではありません。
それは当たり前の事です。
嘘つきは泥棒の始まりという格言もありますが。
当たり前の事ですが、これは意外と重要なポイントです。
なぜなら、カードローンにおいては嘘が非常に大きく関係してくるからです。
嘘をつくのが最も大きく関係してくるのは、審査です。
クレジットカード会社の商品を利用する以上は、やはり審査は発生します。
もっともカードローンというのはなにもクレジットカード会社だけでなく、銀行も取り扱っている商品でもありますが。
どちらにせよ審査が発生する事は確実です。
ところでこの審査においては、冒頭で申し上げた事は非常に大事になってくるのです。
あえて結論から申してしまいますが、嘘をついてしまいますと審査に通る事が難しくなり得ます。
ところで色々なカード会社などで、ホームページにて融資のシミュレーションをできる個所があります。
そのページにおいては、他社からの借り入れを入力する項目があります。
他社からの借り入れは、実は審査には大きく影響があるのだそうです。
一般的には消費者金融などから借り入れを複数していると、審査に通るのがちょっと難しくなってくるというケースもあるそうです。
その事実を知りますと、「何とかして審査に通るためにちょっと虚偽申告をしたい」という気持ちが浮上するかもしれません。
他社からの借り入れが審査に影響を及ぼすわけですから、いわゆる虚偽申告をして審査に通りやすくするよう工作をするという考え方も浮上してくるものです。
しかし残念ながら、カード会社というのはそれほど甘いものではありません。
銀行も含めて甘くありません。
なぜならば、そのような嘘は発覚します。
実際過去において虚偽申告が発覚した事により、審査で落とされてしまったケースもあるのだそうです。
カードローンという商品は銀行で取り扱われている事が多いです。

カードローンはこのお借入れにあたるものなのですが、銀行のものと消費者金融のものがあります。

(※参考・・・銀行と消費者金融のカードローンの違い )
銀行では、他社からの借り入れなどは知られる事はできるそうです。
何も銀行だけではありません。
いわゆる中小規模のカード会社などでも、他社からの借り入れの状況を調べるシステムがあるのだそうです。
そういう事実を知りますと、私はクレジットカード会社の情報網はなかなかすごいと思いますが。
いずれにせよ発覚してしまうわけですから、やはり嘘をついてはいけない訳です。
そして銀行の行員の方々は、どうも嘘をつく方は嫌いなのだそうです。
もっとも考えてみれば確かに当たり前の事ではあります。
やはり嘘をつく方よりも、正直に申込みデータを申告をしてくれる方が信頼できると思いませんでしょうか。
お金を貸すわけですから、信頼関係が関係してきます。
信頼するからには、やはり正直な方が好感度は高いと思います。
嘘をつく方にお金を貸したいとは考えづらいと思います。
したがってカードローンの申し込みをする際には、嘘は控えましょう。
というよりも全ての金融商品の申し込みにおいては、やはり嘘は控えるべきだと思いますが。
銀行の担当の方々は嘘を見破りますので、正直に申し込みのデータを送るようにしたいものです。

COMMENTS: Comments Closed

Categories: 即日カードローンvsクレジットカード

top